新郎新婦

和婚で煌びやかに|日本の伝統を守る挙式!

ゲスト全員が喜ぶ式に

カメラフィルム

結婚式にかかせないものといえば、新郎新婦のプロフィールビデオです。両親はもちろん、親戚や知人、友人、会社の上司まで招待されたゲストの全員が、二人の生い立ちやなれそめなどを目に見えて知ることができ、感動や笑いを共有することができる素晴らしいものです。

詳しく見る

日本オリジナルの文化

男女

特有の風習

結婚式といえば教会などのチャペルで純白のウェディングドレスを着た新婦がバージンロードを歩くイメージが強いですが、現在は和風の結婚式、和婚が見直されてきつつあります。和婚とは日本で生まれて、日本の風土で育まれた結婚の様式です。和風のスタイルを用意しているホテルや結婚式場も多く存在していますが、主に神社で挙式されます。日本人だけでなく海外においても知名度の高い寺社を式場に選ぶのも華やかで良いですが、自分が住んでいる地域の氏神様を祀っている神社で行うのも趣があります。また、和婚は神職に玉串料や初穂料といった名目で謝礼を払う慣例があります。基本的に挙式費用とは別物ですが、謝礼もあらかじめ費用に含まれている場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

やはり神社で行いたい

和婚は別名を神前式、神前結婚式とも呼ばれています。これは日本の伝統的な宗教である神道の影響を強く受けているからです。神道の教えによると、日本には古来より八百万の神々がいると言われてきました。そして神々と人間を結ぶ祭祀を行う場所が神社です。和婚とは、そのような神様に向けて新郎と新婦が結ばれることを報告する儀式です。それだけに、和婚は結婚式場などよりも神社で行ったほうが神道的にはより正しい形と言えるでしょう。独特の白無垢や、新郎と新婦が同じお酒を飲み交わす三三九度の杯といった儀式は近隣の中国や韓国と比較しても独自の存在で、まさに日本オリジナルの文化です。そのような和婚を挙行することによって、日本人として生まれた誇りがより強くなることでしょう。

どんなことに注意するか

式場

結婚式場のブライダルフェアへの参加は1回につき2時間から3時間ほどかかるそうです。そのため1日に何軒も参加するのはかなりハードになります。ブライダルフェアへの参加はデートしても使えるのでおすすめです。横浜のどのエリアで挙式をしたいか、ゲストのことも考えながら結婚式場探しをしましょう。

詳しく見る

日本人らしい式

新郎新婦

神社挙式をする場合、観光名所になっている神社を結婚式場に選ぶことも可能です。こうした結婚式場であれば参列者にとっても良い思い出になるのです。神社の中には境内に季節の植物を植えている場所がありますので、最も美しいシーズンを狙って挙式してみましょう。

詳しく見る